2012年04月24日

距離


距離って以外に空いてるんです。正確に、詰めるのが大事です。刀と違って、獲物が自分の手足の為、短い分ごまかし辛いんです。
一つに、最初にかかる人が遠慮して、当たらない距離で攻撃すると、受けては、更に下がったりするもんだから、自分も当然、当たらない距離になってしまう。
相手に親切のつもりが不親切になってしまうんですね。
当てているように見せる技術を、アクション界では、かぶすって言うんですが、これは、映画なんかで監督やカメラマンが一番気にする事なんです。
早さっていらないんです。なんでか?カメラの性質上、寄りの映像なんかだと、早いと物体が映らないんです。逆に遅いけど、ちゃんとかぶっている方が、画としていいんです。
これは、僕が撮影編集すらからわかるんだけど、アクション監督でも知らない人が多い。
@早いより、正確に。
A早くて、遅くも出来たら尚いい。
B早くて、いい加減なのが一番どうしようもない。
馬場さんの映像を使っているんだけど、これ、絡みの問題なので。
毎週火曜日は、アクションのヒントをかくコーナーにしようかな。

米山
posted by IDEAL at 20:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。