2012年05月08日

刀の振り方

刀の振り方の違い。
川渕を見るとわかると思いますが、うちの刀の振り方は、他と違う。
刀を寝かせて斬るんです。本当は、だめですよ。
スローで見るとわかると思いますが、最初の方は、腕と刀の背中側の角度が鋭角なんです。そして最後に調整するんです。本当は、始めから終りまで、肩から剣先までを一直線にして、そのままエイッと斬るんです。
でもあえて、これをしない。これには、大事なわけが。一つは、近くを斬れる。もう一つは、力を使わないで刀を振れるんです。
@抜き銅の感覚で、袈裟も真っ向うも斬れば、近い相手も斬ったように見える。
Aもう一つの理由が大事です。なんで力が要らないか。来週に説明します。写真がないとわかりづらいので。
カリタスメンバーは、まさに力を使った振り方をしてたんです。男ならこれでもいいんですが、女性は、よほど練習しない限り、俺の振り方の方がいいのではないかなぁ。特に剣舞するなら、間違いなくこの振り方をしたほうがいい。
ヒントは、力点、支点、作用点。正直あってるかわかりませんが、来週この物理の法則を使って説明します。
それにしても、川渕の振り方綺麗でしょ?

米山
posted by IDEAL at 20:50| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。