2013年05月21日

朝は、いつもipodを聞きながら電車にのる。最近は、福山雅治の家族になろうよを聞いている。
心が落ち着く。
本物の表現者は、色あせない。
そうなる為には、自分で満足せずに前に進む事だ。
デザインフェスタも終わったが、まだまだ課題が多い。
全てをコントロール出来たら楽なのに。
やりたい事が二分しているから困る。
困ったな。
困った。
答えが見つからない。

だから心を毎日、不条理にもリセットしなければならない。
もっともっと楽に生きたい。

明日もまた走るのか。

何でだろう。

テツ&トモ、面白かったのに。

家YAS
posted by IDEAL at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが副作用かあー


今日は、川渕かおりです。
デザフェスのことを書きたいのですが、先ずは今日のことから。

今日は朝一で予約していた内臓の検査に行ってきました。
検査にはヨードが原料の造影剤を投与しての撮影だったので横になって造影剤を点滴してもらいました。はじめは何ともなかったんだけどだんだんと量目が痒くなってきて、唇も熱くなってきてどうやら花粉症のような症状に。
そういえば造影剤投与の同意書に「まれに軽度の副作用として痒み、くしゃみ、頭痛、動悸、吐き気。。。」などが書いてあった気がしたので、あ、まれなケースに当たったな。でも軽度だから大丈夫だなと思って投与を続けていました。
 が、だんだんと顔面(特にまぶたの上下)が腫れてくるではないか!続いて喉が痒くなり鼻が詰まり始め呼吸が苦しくなってきた。
目が痒くなってきた辺りから心配した看護師さんがずっと付いていてくれたのでこの時点で投与を中断。
同意書を再読したら1000人に2人くらいが重度の副作用として呼吸困難、顔面浮腫、意識障害などが出てくるようです。今回0、02%に入ったわけですね!薬で副作用起きたことはほぼないので新しい感覚でした。

顔面浮腫、呼吸困難が見え始めたときに看護師さんが沢山集まってきてすごく親切に処置してくれました。その後のケアも温かくてなんだか体も心も緩んじゃった感じでした。

で、体に入った造影剤を別点滴で流して排出してきたので今はずいぶん症状は回復してますが、ちょっとまだ足下がふらつく。
気管支喘息を持っている人は通常より副作用が出やすいとのこと。その日の体調も関係しているのだと思います。

今日の投薬副作用はかなりいい勉強になりました。
体内に何か入れる際の自己管理や体調把握は絶対必要ですね。最近は健康管理に以前よりずっと気を使っているので体のシグナルも感じるようになってきた。
体が基本。健康あってこそ、ですね。

今回の経験はとっても貴重でした!!
みなさんも気をつけてくださいね〜。
posted by IDEAL at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。