2013年06月06日

自分を変えるのは意志と行動と縁

昨日テレビで、あるトップセールスの生保レディの特集を見まして。

最初はきっと営業技術に溢れた人当たりのいい人なんだろうと思ったら、むしろ逆。
子供の頃から極度のあがり症で、そのコンプレックスをどうにか覆したくて自分に向いてないとはわかりながら生保レディとして就職した人らしく。
でも全然うまくいかなくて、それでもなんとかがんばって4年続けて、なのにやっぱりうまくいかなくて、一時は落ち込んで一週間無断欠勤。多分今だったら鬱病認定されてると思う。
そんな時に、たまたま見たテレビで欽ちゃんもあがり症だと知って思い直した彼女。むしろ自分の緊張体質を受け入れて、ありのままでお客様に接してみたら、すぐにではないにしろ徐々に求められるようになり、4年連続トップセールス&解約率最低を樹立。今は営業所の所長さんになったそうな。


なんかいたく感動してしまいまして。

自分を変えるって世間に言葉として溢れてるほど簡単なことじゃないと思います。

人間向いてることだけやって向いてないことには目をつぶってりゃこんな楽なことはないんですけど。
それを受け入れられず逆境に飛び込んで、それでも何も変わらず、報われないまま4年も留まり続けるってホントに辛かっただろうと思います。それでも結果を残せたのは自分を変えたいっていう強い意志があったから。

人が変わるために必要なこと。
変わりたいと思う強い強い意志と行動、とそれによって生まれる縁の力。
多分後者が大きい。でも前者がなければ縁もつながらない。


いや、長々なにが言いたかったかというとですね。
ホントは村尾は人前とか苦手なんですよ。でもなりたい自分があるから立ち向かう。だから向いてないことを克服しようとするエピソードはぐっとくるものがあるのです。

意志の力は才能を凌駕しうる!



話が長くなったので、写真を一枚。



こないだの自衛隊での一枚。戦国自衛隊みたい。この後あいけんさんはきっとヘリとか槍で落とすんでしょうなぁ。

600473_387923391325620_1909760610_n.jpg


村尾
posted by IDEAL at 00:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モロに成程と思うお話ぴかぴか(新しい)
Posted by Champion鈴木 at 2013年06月06日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。